2008年07月

「函館記念」を最強HIT指数で斬る!

7/27(日)函館9R「函館記念 芝2000m」ハンデ戦の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (06−01−02) =( 5位− 9位−15位) =(48−45−42)
00’ (13−12−15) =(12位− 9位− 2位) =(43−44−53)
01’ (10−15−03) =( 4位− 6位− 5位) =(48−46−47)
02’ (07−11−06) =( 6位− 2位− 7位) =(48−54−47)
03’ (04−09−03) =( 1位− 7位− 8位) =(57−47−47)
04’ (06−10−12) =( 2位− 1位− 9位) =(56−61−44)
05’ (05−04−07) =( 6位− 2位− 4位) =(46−57−49)
06’ (03−04−07) =( 1位− 2位− 4位) =(64−52−50)
07’ (04−05−06) =( 8位−10位− 3位) =(44−42−57)

過去9年(99’〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (2−1−0)
指数2位  (1−3−1)
指数3位  (0−0−1)
指数4位  (1−0−2)
指数5位  (1−0−1)
指数 6〜10位 (3−5−3)
指数12〜15位 (1−0−1)

混戦レース。人気上位馬が不安定な成績を残しているため、混戦と予想する。
ポイントは、HIT指数上位組の傾向に変化が表れ、近走に絞れば信頼できるまで回復してきたことだろう。
狙いは、馬連でHIT指数1,2位の2頭から指数4〜8位の5頭へ流す10点勝負。

Haya


2008年07月25日 13:26

「関越S」を最強HIT指数で斬る!

7/27(日)新潟11R「関越ステークス ダ1800m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。(00’は施行されていませんでした。)

過去8年(99’,01'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (03−01−02) =( 5位− 1位− 4位) =(48−69−49)
00’ 施行されていませんでした。
01’ (03−05−07) =( 1位− 2位− 3位) =(78−71−51)
02’ (05−07−13) =( 7位− 5位− 2位) =(47−48−54)
03’ (01−06−07) =( 5位− 1位− 4位) =(50−77−54)
04’ (02−01−04) =( 1位− 4位− 2位) =(83−49−57)
05’ (01−02−07) =( 6位− 3位− 8位) =(47−57−45)
06’ (03−13−09) =( 6位− 7位− 3位) =(49−47−52)
07’ (08−07−10) =( 6位− 1位− 5位) =(47−74−47)

過去8年(99’,01’〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (2−3−0)
指数2位  (0−1−2)
指数3位  (0−1−2)
指数4位  (0−1−2)
指数5位  (2−1−1)
指数 6〜10位(4−1−1)

本命レース。過去の成績を検証しても波乱は推測できず、本命と予想する。
ポイントは、HIT指数1位の連対率(62.5%)が高く信頼できることだろう。
狙いは、馬連でHIT指数1位から2〜6位の5頭へ流す5点勝負。
押さえに、同じく馬連でHIT指数3〜7位の5頭BOX10点勝負。

Haya


2008年07月24日 11:25

最強HIT指数で「マリーンS」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして、来年の攻略法を検討してます。

7/20(日) 函館9R「マリーンS ダ1700m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (11−06−04) = (4位−1位−3位) = (50−68−54) >

《予想コメント》  
本命レース。上位人気馬が安定した成績を残しているため、本命と予想する。
ポイントは、去年を除く過去8年連続でHIT指数2位が3着以内に入着していることだろう。
狙いは、3連単フォーメーションでHIT指数2位の1頭を1着軸にし、指数1,3,4,5位の4頭を2,3着付に、指数6,7,8位の3頭を3着付にした合計24点勝負。
あとは押さえに、馬連でHIT指数1〜5位までの5頭BOX10点勝負。

買い目⇒3連単(1⇒6,4,11,2⇔3,10,8)、馬連(6,1,4,11,2)BOX

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
HIT指数4位馬が、好位から直線で抜け出すと、追い上げてきた指数1位馬をクビ差抑えて優勝。
予想で狙った指数2位馬は4着でしたが、押さえの馬連(¥1090)が的中しました。

そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (2−2−0)
指数2位  (1−1−1)
指数3位  (0−1−2)
指数4位  (2−0−1)
指数5位  (0−1−0)
指数6〜10位(0−0−1)

今年の結果は、過去の傾向どおりでしたが、HIT指数2位が4着だったのは予想外でした。
来年も本命狙いで、HIT指数1〜5位の馬連5頭BOX10点勝負で間違いない。

Haya


2008年07月22日 12:22

最強HIT指数で「アイビスSD」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして、来年の攻略法を検討します。

7/20(日) 新潟11R「アイビスSD 芝直1000m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (18−05−01) = (2位−7位−8位) = (53−45−45) >

《予想コメント》  
本命レース。この3年は勝ち馬が指数下位から出ているが、以前は指数上位が順当に来ていたレースのため、本命予想とする。
ポイントは、HIT指数1〜6位の3着入着率が高いことだろう。
狙いは、馬連でHIT指数1〜6位までの6頭BOX15点勝負。

買い目⇒馬連(7,18,3,11,16,17)BOX

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
HIT指数2位馬が大外ラチ沿いに好位を追走し、ゴール前で馬群を割って外から伸びると、粘り込みを図る指数7位馬をとらえ優勝。読みどおり大荒れは無かったのですが、予想はハズレました。

そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (1−1−0)
指数2位  (1−1−0)
指数3位  (0−0−0)
指数4位  (0−2−1)
指数5位  (0−0−2)
指数 6〜10位(1−1−2)
指数11〜13位(2−0−0)

今年は3年間続いた波乱も無くなり、過去の傾向からも今後はHIT指数上位から狙えそうです。
来年も本命狙いで、馬連をHIT指数1,2位の2頭から指数4〜8位の5頭へ流す10点勝負で間違いない。

Haya


2008年07月22日 11:21

「アイビスSD」を最強HIT指数で斬る!

7/20(日)新潟11R「アイビスSD 芝直1000m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去7年(01'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
01’ (02−06−05) =( 1位− 4位− 2位) =(67−50−59)
02’ (12−05−04) =( 2位− 1位− 5位) =(56−78−47)
03’ (07−12−02) =( 6位− 5位−11位) =(47−48−44)
04’ (05−12−09) =( 1位− 4位− 5位) =(72−51−50)
05’ (07−10−12) =(10位− 2位− 4位) =(43−53−49)
06’ (13−10−14) =(11位− 4位− 6位) =(42−54−45)
07’ (13−16−03) =(13位− 1位− 5位) =(41−57−51)

過去7年(01’〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (2−2−0)
指数2位  (1−1−1)
指数3位  (0−0−0)
指数4位  (0−3−1)
指数5位  (0−1−3)
指数 6〜10位(2−0−1)
指数11〜13位(2−0−1)

本命レース。この3年は勝ち馬が指数下位から出ているが、以前は指数上位が順当に来ていたレースのため、本命予想とする。
ポイントは、HIT指数1〜6位の3着入着率が高いことだろう。
狙いは、馬連でHIT指数1〜6位までの6頭BOX15点勝負。

Haya


2008年07月18日 11:06

「マリーンS」を最強HIT指数で斬る!

7/20(日)函館9R「マリーンS ダ1700m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (03−09−05) =( 3位− 2位− 1位) =(51−58−78)
00’ (01−04−02) =( 4位− 7位− 2位) =(50−44−61)
01’ (06−09−04) =( 3位− 4位− 2位) =(54−49−57)
02’ (03−08−02) =( 2位− 9位−13位) =(57−44−41)
03’ (06−02−04) =( 2位− 1位− 7位) =(61−81−43)
04’ (03−05−06) =( 1位− 2位− 3位) =(90−51−47)
05’ (05−01−10) =( 2位− 3位− 8位) =(64−52−44)
06’ (03−10−13) =( 4位− 1位− 2位) =(50−67−61)
07’ (09−08−03) =( 1位− 5位− 4位) =(74−48−49)

過去9年(99’〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (2−2−1)
指数2位  (3−2−3)
指数3位  (2−1−1)
指数4位  (2−1−1)
指数5位  (0−1−0)
指数 6〜10位(0−2−2)
指数13位 (0−0−1)

本命レース。上位人気馬が安定した成績を残しているため、本命と予想する。
ポイントは、去年を除く過去8年連続でHIT指数2位が3着以内に入着していることだろう。
狙いは、3連単フォーメーションでHIT指数2位の1頭を1着軸にし、指数1,3,4,5位の4頭を2,3着付に、指数6,7,8位の3頭を3着付にした合計24点勝負。
あとは押さえに、馬連でHIT指数1〜5位までの5頭BOX10点勝負。

Haya


2008年07月18日 10:03

最強HIT指数で「プロキオンS」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして、来年の攻略法を検討します。

7/13(日) 阪神10R「プロキオンS ダ1400m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (11−12−07) = (2位−1位−4位) = (54−73−51) >

《予想コメント》  
本命レース。上位指数馬、特に1位馬が安定した成績を残しているため、本命と予想する。
ポイントは、HIT指数1位の値が80以上なら信頼できることだろう。
(上記に未記載のHIT指数1位の指数値 ⇒ 99’=77、06’=71)
狙いは、HIT指数1位が80以上なら、馬単でHIT指数1位から指数2〜5位の4頭へ流す4点勝負。
HIT指数1位が79以下なら、馬連でHIT指数2〜6位の5頭BOX10点勝負。

買い目⇒馬連(11,2,7,13,3)BOX

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
単勝7番人気の伏兵HIT指数2位馬が、好位追走から早めに抜け出して快勝。
大外から一気に強襲してきた圧倒的1番人気のHIT指数1位馬は2着。
本命と予想したのは正解でしたが、馬券はハズレました。

そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (2−1−1)
指数2位  (1−2−0)
指数3位  (0−1−0)
指数4位  (1−0−1)
指数5位  (1−0−1)
指数 6〜10位(0−1−0)
指数11〜12位(0−0−2)

単勝オッズとHIT指数が大きくズレているレースでした。
今年はHIT指数1,2位の連対率が高くなり、ますます本命サイドの堅いレースとなりました。
来年も今年同様本命狙いで、HIT指数1位が80以上なら、馬単でHIT指数1位から指数2〜5位の4頭へ流す4点勝負。
HIT指数1位が79以下なら、HIT指数1〜5位の馬連5頭BOX10点勝負で間違いない。

Haya


2008年07月16日 10:45

最強HIT指数で「七夕賞」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして、来年の攻略法を検討します。

7/13(日) 福島11R「七夕賞 芝2000m」ハンデ戦
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (09−11−07) = (10位−11位−4位) = (43−43−52) >

《予想コメント》  
本命レース。ハンデ戦でも上位人気馬が安定した成績を残しているため、本命と予想する。
ポイントは、HIT指数1位の値が60以上の場合、必ず3着以内に入着していることだろう。
(上記に未記載のHIT指数1位の指数値 ⇒ 00’=58、01’=57、04’=58)
狙いは、馬単でHIT指数3〜7位の5頭から指数1,2位の2頭へ流す10点勝負。
押さえに、馬連で指数2〜6位の5頭BOX10点勝負。

買い目⇒馬単(10,7,5,3,13⇒8,12),馬連(12,10,7,5,3)BOX

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
HIT指数10位の伏兵馬が、好スタートから馬場のいい外めを通り、徐々にペースを上げしぶとく逃げ切って優勝。
2着も指数11位馬が入って大荒れのレースとなり、本命と読んだ予想はハズレました。

そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (1−1−1)
指数2位  (1−1−0)
指数3位  (0−0−0)
指数4位  (0−0−2)
指数5位  (0−0−0)
指数6〜10位(3−2−2)
指数11位 (0−1−0)

レース展開までは読めませんでしたが、ポイントで指摘したHIT指数1位の指数値にもう少し踏み込んでいれば、荒れる確率が高くなることに気がついたと思います。
来年の狙いは、HIT指数1位が60以上なら、馬単でHIT指数3〜7位の5頭から指数1,2位の2頭へ流す10点勝負。
押さえに、馬連で指数2〜6位の5頭BOX10点勝負。
HIT指数1位が59以下なら、馬連でHIT指数4〜11位の8頭BOX28点勝負で間違いない。

Haya


2008年07月15日 10:40

「プロキオンS」を最強HIT指数で斬る!

7/13(日)阪神10R「プロキオンS ダ1400m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。(06’は京都競馬場で施行されていました。)

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (08−07−12) =( 3位− 5位−11位) =(51−47−42)
00’ (07−03−06) =( 1位− 2位− 5位) =(72−71−45)
01’ (08−12−10) =( 1位− 5位−11位) =(94−45−41)
02’ (11−13−05) =( 1位− 9位− 2位) =(98−43−50)
03’ (11−13−15) =( 1位−13位−15位) =(85−41−41)
04’ (14−13−15) =( 1位− 2位− 5位) =(61−61−47)
05’ (16−15−13) =( 4位− 6位− 1位) =(56−44−60)
06’ (04−14−09) =( 5位− 2位−11位) =(44−57−42)←京都
07’ (14−15−01) =( 1位− 3位−12位) =(83−48−42)

過去9年(99’〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位    (6−0−1)
指数2位    (0−3−1)
指数3位    (1−1−0)
指数4位    (1−0−0)
指数5位    (1−2−2)
指数 6〜10位(0−2−0)
指数11〜15位(0−1−5)

本命レース。上位指数馬、特に1位馬が安定した成績を残しているため、本命と予想する。
ポイントは、HIT指数1位の値が80以上なら信頼できることだろう。
(上記に未記載のHIT指数1位の指数値 ⇒ 99’=77、06’=71)
狙いは、HIT指数1位が80以上なら、馬単でHIT指数1位から指数2〜5位の4頭へ流す4点勝負。
HIT指数1位が79以下なら、馬連でHIT指数2〜6位の5頭BOX10点勝負。

Haya


2008年07月11日 09:13

「七夕賞」を最強HIT指数で斬る!

7/13(日)福島11R「七夕賞 芝2000m」ハンデ戦の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。(00’は東京競馬場で施行されていました。)

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (01−12−08) =( 6位− 1位−13位) =(46−64−41)
00’ (02−10−09) =( 4位− 7位− 3位) =(51−47−52)←東京
01’ (14−15−08) =( 2位− 4位− 6位) =(54−51−47)
02’ (03−10−02) =( 4位− 5位− 1位) =(50−50−57)
03’ (10−08−13) =( 5位− 1位− 4位) =(49−66−51)
04’ (01−03−07) =( 8位− 9位− 7位) =(47−44−48)
05’ (04−10−07) =( 1位− 7位− 4位) =(63−46−53)
06’ (04−06−08) =( 6位− 2位− 1位) =(47−56−63)
07’ (04−01−09) =( 2位− 1位− 6位) =(54−57−49)

過去9年(99’〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (1−3−2)
指数2位  (2−1−0)
指数3位  (0−0−1)
指数4位  (2−1−2)
指数5位  (1−1−0)
指数6〜10位(3−3−3)
指数13位 (0−0−1)

本命レース。ハンデ戦でも上位人気馬が安定した成績を残しているため、本命と予想する。
ポイントは、HIT指数1位の値が60以上の場合、必ず3着以内に入着していることだろう。
(上記に未記載のHIT指数1位の指数値 ⇒ 00’=58、01’=57、04’=58)
狙いは、馬単でHIT指数3〜7位の5頭から指数1,2位の2頭へ流す10点勝負。
押さえに、馬連で指数2〜6位の5頭BOX10点勝負。

Haya


2008年07月10日 09:02
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード