2008年05月

「東京優駿(日本ダービー)」を最強HIT指数で斬る!

6/1(日)東京11R「東京優駿 (日本ダービー) 芝2400m」(Jpn1)の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (02−11−14) =(2位−1位−3位) =(57−65−56)
00’ (04−02−13) =(2位−1位−6位) =(54−70−44)
01’ (18−09−06) =(1位−3位−9位) =(75−51−43)
02’ (03−11−08) =(1位−3位−4位) =(64−55−47)
03’ (13−03−18) =(1位−3位−6位) =(65−55−45)
04’ (12−05−17) =(2位−5位−3位) =(62−46−54)
05’ (05−07−15) =(1位−2位−10位)=(90−47−43)
06’ (02−06−15) =(1位−3位−7位) =(57−52−46)
07’ (03−16−14) =(5位−16位−2位)=(46−41−49)

そして過去9年(99'〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (5−2−0)
指数2位  (3−1−1)
指数3位  (0−4−2)
指数4位  (0−0−1)
指数5位  (1−1−0)
指数 6〜10位 (0−0−5)
指数11〜18位 (0−1−0)

混戦レース。データからはHIT指数1位に注目するのだが、今年は去年の流れのまま荒れると分析して、逆にHIT指数1位が連対していない年を検証すると、指数5位が連対候補に浮上。
狙いは、馬連でHIT指数5〜9位の5頭BOX10点勝負!
押さえに、HIT指数5位から10〜16位の7頭に流す7点勝負!

Haya


2008年05月30日 09:02

「目黒記念」を最強HIT指数で斬る!

6/1(日)東京11R「目黒記念 芝2500m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (03−10−05) =(2位−4位−7位) =(50−48−46)
00’ (14−03−04) =(3位−1位−5位) =(60−63−45)
01’ (01−05−11) =(5位−1位−10位)=(49−69−43)
02’ (14−16−09) =(11位−6位−1位)=(43−46−59)
03’ (12−10−08) =(5位−2位−13位)=(47−54−42)
04’ (15−10−04) =(3位−14位−8位)=(52−42−45)
05’ (01−05−07) =(1位−6位−7位) =(58−48−46)
06’ (07−08−10) =(3位−1位−10位)=(53−57−43)
07’ (02−11−10) =(1位−4位−7位) =(57−51−44)

そして過去9年(99'〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (2−3−1)
指数2位  (1−1−0)
指数3位  (3−0−0)
指数4位  (0−2−0)
指数5位  (2−0−1)
指数 6〜10位(0−2−6)
指数11〜14位(1−1−1)

混戦レース。上位指数馬が、何とか安定した結果を残しているが…。
HIT指数1位の連対率が高いが、ここ3年連続して連対中なのでそろそろ危険だと考える。
逆にHIT指数1位の連対していない年を検証すると、指数2〜6位が浮上してくる。
狙いは、馬連でHIT指数2〜6位の5頭BOX10点勝負!
押さえに、HIT指数5,6位の2頭から指数10〜14位の5頭に流す10点勝負!

Haya


2008年05月29日 13:39

「金鯱賞」を最強HIT指数で斬る!

5/31(土)中京11R「金鯱賞 芝2000m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (05−15−09) =(1位−5位−4位) =(62−48−55)
00’ (04−03−08) =(3位−4位−1位) =(49−48−96)
01’ (10−02−07) =(6位−2位−9位) =(47−56−44)
02’ (09−18−12) =(2位−1位−12位)=(63−83−41)
03’ (11−05−01) =(4位−1位−9位) =(54−65−42)
04’ (11−05−08) =(1位−7位−3位) =(80−43−53)
05’ (10−03−05) =(1位−4位−2位) =(91−46−57)
06’ (10−06−07) =(4位−1位−2位) =(56−61−61)
07’ (08−01−06) =(1位−2位−8位) =(64−59−44)

そして過去9年(99'〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (4−3−1)
指数2位  (1−2−2)
指数3位  (1−0−1)
指数4位  (2−2−1)
指数5位  (0−1−0)
指数6〜10位(1−1−3)
指数12位 (0−0−1)

本命レース。中京競馬では、数々の名馬を生み出したレースでもある。
ポイントは、HIT指数1位が過去9年間で2回しか連対をはずしていないことだろう。
狙いは、馬単でHIT指数1位から指数2〜4位の3頭に流す3点勝負!
馬連で同じ買い目を押さえる。

Haya


2008年05月28日 12:30

最強HIT指数で「オークス(優駿牝馬)」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして来年の攻略法を検討します。

5/25(日)東京11R「オークス(優駿牝馬) 芝2400m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (15−06−10) = (4位−15位−6位) = (48−42−46) >

《予想コメント》
混戦レース。今年の「桜花賞」が大波乱だったように、例年になく混戦模様だ。
ポイントは、99年以降、優勝馬がHIT指数順位8位以内、2着馬が14位以内からしか出現していないことだろう。波乱でもそれ以下は難しいと推測する。
狙いは、「馬単」でHIT指数6〜8位までの3頭から指数11〜14位までの4頭に流す12点勝負!
押さえに、「馬連」でHIT指数6〜8位までの3頭から指数11〜14位までの4頭を相手にした12点勝負!

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
HIT指数4位馬が、先団の後方を追走し、直線に向いて馬場の内側から抜け出すと、指数15位馬の追撃をアタマ差抑えて優勝。3着には指数6位馬(桜花賞馬)が入りました。
優勝したのは我がPOG馬。また、POGドラフトの季節が始まりますね。

そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (1−1−0)
指数2位  (0−1−0)
指数3位  (1−0−1)
指数4位  (2−0−0)
指数5位  (0−0−2)
指数6〜10位(1−2−2)
指数15位  (0−1−0)

今年は戦国オークスということで荒れることを前提にしましたが、来年に向け基本に戻して傾向を予想します。
来年の狙いは、馬単でHIT指数3,4位の2頭から指数6〜8位の3頭に流す6点勝負。
押さえに、HIT指数1〜4位の馬連4頭BOX6点勝負で間違いない。

Haya


2008年05月27日 13:31

最強HIT指数で「東海ステークス」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして来年の攻略法を検討します。

5/25(日)中京11R「東海ステークス ダ2300m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (03−12−05) = (15位−13位−3位) = (41−42−54) >

《予想コメント》
本命レース。上位人気馬が連対しているため、大波乱はないようだ。
ポイントは、過去9年間でHIT指数1〜3位が連対しなかったのが、1回だけということだろう。
狙いは、「馬連」でHIT指数1〜3位の3頭から5〜8位までの4頭に流す12点勝負!
押さえに、HIT指数1〜3位のBOX3点勝負!

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
HIT指数15位馬がゴール直前で粘る指数13位馬を交わして優勝。
3着には指数3位馬が入り、1番人気に推された指数1位馬が4着。
馬場(重)の影響もあったのか?予想はハズレて大荒れとなりました。

そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (1−0−0)
指数2位  (0−1−1)
指数3位  (1−1−1)
指数4位  (0−0−0)
指数5位  (1−0−0)
指数 6〜10位 (1−1−3)
指数13〜15位 (1−2−0)

今年の結果は過去の傾向にかなり影響を与え、根本的に本命レースだったのが、混戦レースへと変貌しました。
ただ4着にHIT指数1位が入ったので、期待も込めて軸は変えません。
来年の狙いは、馬連でHIT指数1〜3位の3頭から指数13〜15位の3頭に流す9点勝負。
押さえに、指数1〜3位の3頭から5〜8位の4頭に流す12点勝負で間違いない。

Haya


2008年05月27日 11:30

最強HIT指数で「テレビ愛知オープン」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして来年の攻略法を検討します。

5/24(土)中京11R「テレビ愛知オープン 芝1200m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (04−14−13) = (11位−6位−10位) = (43−45−43) >

《予想コメント》
本命レース。上位人気馬が連対しているため、波乱はないようだ。
ポイントは、過去9年間でHIT指数1〜2位が連対しなかったのが、1回だけということだろう。
狙いは、「馬単」でHIT指数1⇒2位の1点勝負!
押さえに「馬連」でHIT指数2位から、HIT指数1位と3〜5位までの4頭を相手にした4点勝負!

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
HIT指数11位馬が、中団追走からゴール手前で鋭く伸び、指数6位馬をクビ差交わして優勝。
クビ差の3着には逃げた指数10位馬。
レース当日朝に、HIT指数2位=6番の馬が出走取消しになったため、レースは見送りました。

 そして、この結果を加えた過去5年(04'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (2−0−0)
指数2位  (2−2−0)
指数3位  (0−0−0)
指数4位  (0−1−0)
指数5位  (0−1−1)
指数 6〜10位 (0−1−2)
指数11〜14位 (1−0−2)

今年の大波乱の立役者だったHIT指数11位は、傾向に影響を与えるほどではありません。
むしろ2着に入った指数6位に注目しました。
来年の狙いは、馬単でHIT指数1⇒2位の1点勝負!ここまでは今年と同じです。
押さえに、馬連でHIT指数2位から、HIT指数1位と3〜6位の5頭に流す5点勝負で間違いない!

Haya


2008年05月27日 09:28

「オークス(優駿牝馬)」を最強HIT指数で斬る!

5/25(日)東京11R「オークス(優駿牝馬) 芝2400m」(Jpn1)の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (16−06−04) =(8位−1位−4位) =(45−64−53)
00’ (05−12−16) =(1位−5位−13位)=(66−48−42)
01’ (13−01−12) =(8位−3位−1位) =(44−53−66)
02’ (10−03−06) =(4位−14位−1位)=(49−42−58)
03’ (03−17−14)=(2位−11位−12位)=(56−42−42)
04’ (13−01−06) =(7位−6位−5位) =(44−45−45)
05’ (04−05−09) =(1位−2位−3位) =(79−50−50)
06’ (09−02−10) =(3位−6位−5位) =(52−46−47)
07’ (02−07−12) =(4位−1位−8位) =(51−67−43)

そして過去9年(99'〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (2−2−2)
指数2位  (1−1−0)
指数3位  (1−1−1)
指数4位  (2−0−1)
指数5位  (0−1−2)
指数 6〜10位 (3−2−1)
指数11〜18位 (0−2−2)

混戦レース。今年の「桜花賞」が大波乱だったように、例年になく混戦模様だ。
ポイントは、99年以降、優勝馬がHIT指数順位8位以内、2着馬が14位以内からしか出現していないことだろう。波乱でもそれ以下は難しいと推測する。
狙いは、「馬単」でHIT指数6〜8位までの3頭から指数11〜14位までの4頭に流す12点勝負!
押さえに、「馬連」でHIT指数6〜8位までの3頭から指数11〜14位までの4頭を相手にした12点勝負!


2008年05月23日 09:05

「東海ステークス」を最強HIT指数で斬る!

5/25(日)中京11R「東海ステークス ダ2300m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去8年(00'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
00’ (01−14−12) =(1位−3位−2位) =(76−53−62)
01’ (06−12−10) =(5位−3位−7位) =(45−60−44)
02’ (02−14−13) =(1位−6位−5位) =(74−44−47)
03’ (04−02−09) =(7位−1位−3位) =(43−66−54)
04’ (05−09−07) =(1位−2位−6位) =(60−59−48)
05’ (10−06−07) =(6位−8位−2位) =(45−42−56)
06’ (03−10−11) =(5位−3位−9位) =(46−55−43)
07’ (02−15−14) =(3位−14位−7位)=(54−41−43)

そして過去8年(00'〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (3−1−0)
指数2位  (0−1−2)
指数3位  (1−3−1)
指数4位  (0−0−0)
指数5位  (2−0−1)
指数6〜10位(2−2−4)
指数14位 (0−1−0)

本命レース。上位人気馬が連対しているため、大波乱はないようだ。
ポイントは、過去9年間でHIT指数1〜3位が連対しなかったのが、1回だけということだろう。
狙いは、「馬連」でHIT指数1〜3位の3頭から5〜8位までの4頭に流す12点勝負!
押さえに、HIT指数1〜3位のBOX3点勝負!


2008年05月22日 10:01

「TV愛知オープン」を最強HIT指数で斬る!

5/24(土)中京11R「テレビ愛知オープン 芝1200m」の傾向と対策を「最強HITTER」を使って検討します。

過去9年(99'〜07')の最強HIT指数結果

<  馬番着順結果  = 指数着順結果   = 指数結果 >
99’ (10−15−09) =(1位−2位−6位) =(73−58−45)
00’ (05−16−06) =(8位−5位−6位) =(44−47−46)
01’ (12−03−09) =(1位−2位−3位) =(70−59−53)
02’ (12−01−02) =(3位−2位−15位)=(50−55−41)
03’ (10−06−07) =(1位−2位−9位) =(68−60−41)
04’ (13−04−08) =(1位−2位−5位) =(82−63−45)
05’ (02−15−08) =(1位−2位−11位)=(73−58−42)
06’ (08−02−01) =(2位−4位−14位)=(56−51−41)
07’ (17−16−14) =(2位−5位−6位) =(59−47−43)

そして過去9年(99'〜07')の最強HIT指数順位結果を分析すると

<馬番指数>
指数1位  (5−0−0)
指数2位  (2−6−0)
指数3位  (1−0−1)
指数4位  (0−1−0)
指数5位  (0−2−1)
指数 6〜10位(1−0−4)
指数11〜15位(0−0−3)

本命レース。上位人気馬が連対しているため、波乱はないようだ。
ポイントは、過去9年間でHIT指数1〜2位が連対しなかったのが、1回だけということだろう。
狙いは、「馬単」でHIT指数1⇒2位の1点勝負!
押さえに「馬連」でHIT指数2位から、HIT指数1位と3〜5位までの4頭を相手にした4点勝負!


2008年05月21日 10:01

最強HIT指数で「ヴィクトリアマイル」を極める!

週末のレース結果を「最強HITTER」で検証、そして、来年の攻略法を検討しています。

5/18(日)東京11R「ヴィクトリアマイル 芝1600m」
<  (馬番着順結果) = (指数着順結果)  = (指数結果) >
< (06−09−02) = (7位−1位−3位) = (46−58−53) >

《予想コメント》
混戦レース。2年前に新設されたレースであるため、過去の傾向を参考にするにはやや難がある。
ポイントは、牝馬限定レースであり荒れる可能性が十分に考えられること。
狙いは、「馬連」で指数6〜10位の5頭BOX10点勝負!

《検証結果から来年への攻略法を学ぶ》
牝馬最強といわれる現4歳世代の遅れてきた大物、HIT指数7位馬が直線で抜け出し、G1初制覇。
先行する指数3位馬(3着)を捕らえ、外から迫る指数1位馬(2着)を抑えました。
予想はハズレましたが、今後の傾向がつかめました。

そして、この結果を加えた過去3年(06'〜08')の最強HIT指数順位結果を分析すると
<馬番指数>
指数1位  (0−1−0)
指数2位  (1−0−0)
指数3位  (0−1−1)
指数4位  (0−0−0)
指数5位  (0−0−0)
指数6〜10位(1−1−2)
指数12位 (1−0−0)

今年で3年分の資料になり、少し傾向が見え始めました。結論から言えばやはり混戦で、荒れる可能性が高いレースだということです。
1着がHIT指数7位、4着にも指数9位が入り、連対率はHIT指数6〜9位が高くなりました。
来年の狙いは、「馬単」でHIT指数指数2,3位の2頭から6〜9位の4頭へ流す8点勝負。
押さえに、「馬連」でも同じく8点勝負で間違いない。

Haya


2008年05月20日 18:48
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード